2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋の青森遠征⑬東龍館

宿泊はいつかは泊まりたいと思っていた。
東龍館
IMG_7791.jpg
IMG_7760.jpg


コチラは立ち寄り不可で遠くに住んでいるとかなりハードルが高い宿(僕的に)なのだが、今回の遠征の軸にして上北エリアを重点的に回るという計画をたて宿泊しました。

一泊2食付きで6300円でした。

宿泊は脇にある小さい入口からだと事前情報で知っていましたが、メインの入口から入り呼鈴を押しました。するとお手伝いのおばちゃんらしき人が出てきて受付をしてくれました。館内、食事、風呂の利用時間など一通り説明を受け部屋まで案内してくれました。このおばちゃんちょっとぶっきら棒でした。笑
IMG_7762.jpg
IMG_7792.jpg


洋風のベッド付きの部屋に案内されました。館内は増築されたようで若干入り組んでいます。
IMG_7763.jpg


夕食迄に一時間ちょいあったので早速風呂へ行きましょう♪
IMG_7789.jpg
IMG_7788.jpg
IMG_7764.jpg



浴室はひばらしく、左が非加熱源泉槽、右が加熱源泉槽です。加熱槽は調整で非加熱源泉も投入できる仕組みになっています。
IMG_7777.jpg
IMG_7767.jpg
IMG_7778.jpg

IMG_7781.jpg
IMG_7780.jpg


やはり非加熱源泉槽でしょう!36℃位の湯は身体に負担が少なく幾らでも入っていられます。しかも適度な泡付きがありヌルスベ浴感が心地よいです。仄かなモール臭にタマゴ臭がします。ほろ苦さがあり微かに甘味を感知しました。


加熱槽に入ると非加熱槽に戻れなくなるので一時間ちょい非加熱槽で楽しませてもらい晩飯にしました。

食事は食堂でセルフサービスで食べました。この時は感じの良い女将さんが対応してくれました。w


風呂の利用時間が夜10時迄だったので食後少し休んでラストまで二時間ぬる湯を堪能しました。

翌朝も朝食前に一時間程湯を頂きました。


朝食を済ませ荷物整理をしチェックアウトすると女将さんが対応してくれました。そこで雑談し遠くからわざわざありがとう的な会話になり色々御厚意をしてもらい大変感謝しました。

また、機会があれば暖かい時季にでもと再訪の約束をし宿を後にしました。



【ほとけ沢温泉 アルカリ性単純温泉 37.0℃ ph9.02 成分総計0.252g/kg】H22

立ち寄り不可
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yzonsen.blog.fc2.com/tb.php/511-1ba123f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

YZ

Author:YZ
温泉の備忘録です。あくまで自分用の整理帳として使っています。
誤字脱字、変な日本語、的外れな湯の感想ご了承下さい。

手当たり次第温泉施設を潰すのではなく、自分の好みにあった温泉を吟味して湯巡りしています。
無所属新人。

無色透明温め焦げ臭、泡付きの湯が好き。

金で買える資格?は嫌いです笑

最新記事

カテゴリ

ブログ (110)
温泉【目次】 (2)
注意事項 (2)
音楽 (5)
食べ歩き (18)
温泉 (13)
青森県温泉 (129)
岩手県温泉 (44)
秋田県温泉 (51)
山形県温泉 (65)
宮城県温泉 (45)
福島県温泉 (44)
新潟県温泉 (104)
長野県温泉 (61)
岐阜県温泉 (2)
栃木県温泉 (31)
群馬県温泉 (63)
埼玉県温泉 (6)
千葉県温泉 (0)
神奈川県温泉 (11)
東京都温泉 (1)
山梨県温泉 (19)
静岡県温泉 (0)
富山県温泉 (5)
愛知県温泉 (0)
三重県温泉 (0)
滋賀県温泉 (1)
京都府温泉 (1)
大阪府温泉 (1)
兵庫県温泉 (13)
和歌山県温泉 (0)
奈良県温泉 (0)
鳥取県温泉 (15)
島根県温泉 (10)
岡山県温泉 (0)
広島県温泉 (0)
再訪温泉 (20)
未湯 (9)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。