2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レア湯の扱い

これは自戒の念です。m(__)m

少し前に湯友がこの件のゴタゴタに巻き込まれたので改めて考えさせられました。まあ、最近の南紀遠征でも地元の人との対話から感じていたこともあります。

僕は基本的に、ジモ専、自家用、野湯等の所謂レア湯の名前や経路(それに繋がる画像等)をネットに晒すのは否定派
です。これは先人の温泉達人達が守ってきた暗黙のルールってのもありますが、レア湯業界(笑)の歴史をみれば一目瞭然だからです。
(先人は地域住民との良好な関係を築き、その上で湯を頂くと言う過程を踏んできましたが、最近のsnsの流行や温泉サークル(温泉ソ〇〇エ等)の台頭でこうした情報は手に入りやすくなりトラブルも増え閉鎖、撤去の道を辿るなどなど)


最近、温泉達人のこんな言葉を目にしました。
『ネットに情報がないのは「誰も知らない」のではなく「流してはいけない、流さない何かしらの理由がある」と言うことである。』

確かにその通りだと思います!!
例えば数日前、知人が「某所源泉地を名前入りで晒した」内容のブログを教えてくれたので見てみると、そこには「たまたま地元民が案内してくれました!!ここは地元民しか知らない超レアレア源泉」
みたいなやり取りが書かれています。(^^;

そんなことはなくて~まあレア湯業界では知られた存在ではあります。(^^;

僕ら2000湯(施設)未満の駆け出し温泉マニアはレア湯に入れれば確かに自慢して記事を書きたい気持ちもわかります。笑

しかしこうした歴史がある以上、僕ら初心者温泉マニアは最低限のルールは受け継いでいきたいと感じています。

人の振り見て我が振り直せ!!で、今後はより一層気を付けていきたいと思います。

過去の意識が低いときにあげてしまった記事の訂正も今後していきます。

レア湯(たいして知らないけど)は非公開につきそれについてお答えは出来ません。

そんなこんなで~


スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

YZ

Author:YZ
温泉の備忘録です。あくまで自分用の整理帳として使っています。
誤字脱字、変な日本語、的外れな湯の感想ご了承下さい。

手当たり次第温泉施設を潰すのではなく、自分の好みにあった温泉を吟味して湯巡りしています。
無所属新人。

無色透明温め焦げ臭、泡付きの湯が好き。

金で買える資格?は嫌いです笑

最新記事

カテゴリ

ブログ (110)
温泉【目次】 (2)
注意事項 (2)
音楽 (5)
食べ歩き (18)
温泉 (13)
青森県温泉 (129)
岩手県温泉 (44)
秋田県温泉 (51)
山形県温泉 (65)
宮城県温泉 (45)
福島県温泉 (44)
新潟県温泉 (104)
長野県温泉 (61)
岐阜県温泉 (2)
栃木県温泉 (31)
群馬県温泉 (63)
埼玉県温泉 (6)
千葉県温泉 (0)
神奈川県温泉 (11)
東京都温泉 (1)
山梨県温泉 (19)
静岡県温泉 (0)
富山県温泉 (5)
愛知県温泉 (0)
三重県温泉 (0)
滋賀県温泉 (1)
京都府温泉 (1)
大阪府温泉 (1)
兵庫県温泉 (13)
和歌山県温泉 (0)
奈良県温泉 (0)
鳥取県温泉 (15)
島根県温泉 (10)
岡山県温泉 (0)
広島県温泉 (0)
再訪温泉 (20)
未湯 (9)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。